円盤投げの技術

陸上競技の投てき種目である円盤投げは、むやみに練習するのではなく、監督やコーチのもとで質の高い練習で正しい技術を身につけることが大切です。
ここではそのポイントやコツなどを中心に紹介しています。

円盤投げの技術記事一覧

円盤投げのターンが上手く出来ていますか?現在は1回転半のターンが主流になっており、投げ方はサークル内の一番後ろで投てき方向に背を向けた状態で、左右に円盤を動かしてふりかぶります。そして、ターンは最初に左足を軸にして回転してかかとを浮かせて、右足を振り子のように使って回って遠心力を大きくさせ、中央のサークルに右足をついて1回転が終わります。次に重心を右脚に移し替え左足を投てき方向に踏み込み投げる動作...

円盤投げで主流である1回半投法を身につける前に大切になるのが円盤の持ち方です。野球などの球技で腕を縦に振って投げることは多いですが、横に腕を振って回転して投げることはあまりありません。そんなこともあり、特に初心者にとってはなじみのない動きでしょう。ですが、コツさえ掴めば飛躍的に記録が伸びる競技が円盤投げです。それには、まずは円盤の持ち方が重要になり、指の第一関節にひっかけて持ちます。5本の全ての指...

円盤投げは、高校から取り組み種目なので、記録を伸ばすためにも技術はもちろん、それを生かすためにもまずはルールをしっかり把握しておくことが大切です。何より円盤という特別な形をした物体を投げる競技で、しかも、34.92度の区画内に入ったものだけが有効試技となります。ですから、その狭い角度の中に収めるのは見た目以上難しく、円盤が最初に地面に触れた地点がライン上だったり、外だった場合は無効となり、少しのブ...

円盤投げの基本を覚えるには、まずは立ち投げ(スタンディングスロー)からですね。特に初心者は1回転半投法をマスターする前に、立ち投げから始めるといいでしょう。そんな立ち投げのやり方は、スイングから円盤を引いて体をひねり、戻しながら加速して正面を向いて振り切るようにします。振り切りの位置は正面を向いた時の真横よりもやや前で、中指と人差し指あたりで円盤を引っかけるようにして、バックスピン(時計回り)の回...