円盤投げのターンのポイント

円盤投げのターンが上手く出来ていますか?
現在は1回転半のターンが主流になっており、投げ方はサークル内の一番後ろで投てき方向に背を向けた状態で、左右に円盤を動かしてふりかぶります。

 

 

そして、ターンは最初に左足を軸にして回転してかかとを浮かせて、右足を振り子のように使って回って遠心力を大きくさせ、中央のサークルに右足をついて1回転が終わります。
次に重心を右脚に移し替え左足を投てき方向に踏み込み投げる動作に入ります。

 

 

入りの段階ではリードした左手の使い方も重要で、左手を回転する方向とは逆に動かすことが、効果的なひねりを生みます。

 

 

ターンのポイントとしては、最初の回り始めの時も、その後の右脚に重心を移した局面でも、踵の親指の付け根に体重をかけることが大切です。
そうすることで、スムーズな回転に繋げることが出来ます。

 

 

但し、視線は出来るだけ水平を保って回転することを心掛けましょう。
そすることで地面と平行に円盤が動いてロスなく遠心力が掛けられます。

 

 

更に、高さを出そうして円盤を高い位置で回そうとすればするほど、視線も下がりターンのパワーを十分に得られないので注意しましょう。

 

 

なお、前半のターンで、ひねりを生み出して、その戻す力で飛距離を出すコツがあります。
記録に伸び悩んでいる選手ほど、上半身だけで投げがちなので、この機会に正しい身体の使い方を身につけましょう。

 

 

距離が出ない選手が悩む、下半身のひねりの効果的な生み出し方とは?

 

円盤投げ上達革命の詳細を見てみる >>